読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒場でわんことケンカしようぜ。

日本一役に立たないハースストーン攻略ブログ

レジェンドランク到達を逃すための3つの方法

お久しぶりです、ちょうわんこです。

2017年2月シーズンのハースストーンですが、な、なんと!

私はスタンダード制導入後初となる、レジェンドランクへの未到達という快挙を成し遂げてしまいました!

そこで今回は予定を変えて、私がレジェヒットを逃すために行った3つの方法をみなさんにご紹介したいと存じます。

さあ、これを読んで君も脱レジェを果たし、より実りのある人生を謳歌しましょう!

 

 

その1:2月を31日まであると勘違いする

いきなり難易度が高いですが、がんばっていきましょう。

「まだ26日? あと5日もあるならレジェとか余裕だぜ」

などと思って油断し、惰眠を貪っていたら実はあと2日しかなかった、となれば当然ランクを回す時間が足らなくなり、その分レジェンドを逃す可能性が高くなります。

本来であれば28日までしかない2月を31日まであると勘違いするのはよほど頭の悪い人間でなければ難しいですが、ハースストーンプレイヤーは算数が苦手なことに定評があるので余裕でしょう。

 

その2:身内の不幸でメンタルを壊す

試合中の運の良し悪しであれば、多少悪い結果が続いても自分の感情をコントロールしやすくメンタルも保ちやすい(これについては次回の記事で詳しく書きます)ですが、ハースストーン以外の外部要因が原因であれば話は別です。

愛すべき存在が危篤で明日も知れぬ身、となればゲームなどやっている場合ではなく、とてもとてもランクを上げる気にはならないでしょう。

このような事態を頻発させるためにも積極的に他者と交流を図り、人間関係は大切にしていきましょう。

逆に言うと、毎月レジェンドへ到達したいのなら俗世間と縁を切り、山奥や絶海の孤島に引きこもる天涯孤独の身となっておくのが良いでしょう。

そのような場所では有線のインターネット回線が整備されていない可能性が高いので、事前にUQwimaxなどの無線インターネットサービスと契約しておく必要がなりますが、契約の際には当然身分証明が必要になりますので、せっかく俗世を捨てるつもりだったのにそこから足がついて所在がバレてしまうおそれがあります。

UQモバイルの弱みを握って自分に逆らえないようにしておく、などの下準備を怠らないようにしましょう。

 

その3:Grim Dawnに手を出す

youtu.be

もっともオススメの方法です。

 

・Grim Dawnとは?

--オーソドックスなアイソメトリック(等角俯瞰視点)のハックアンドスラッシュに該当します。
大量の敵をボコボコにしながらお宝を手に入れ、装備して強くなって先に進むゲームです。
リアルタイムに状況が進行し、多彩なスキルアクション (スキルだけで計500以上!) を楽しむことができます。

また、本作はTitan Questの精神的後継作となっており、基本的には同様の感覚で楽しめます。
同作品の改良エンジンを使用しており、動作のスムース化、可動カメラの標準実装、物理演算動作のアッパー調整など様々な点で前作の教訓を活かした作りになっています。--(Grim Dawn 日本語wiki Wiki*より引用)

 

ようするにいわゆるDiabloタイプのアクションRPGです。

「いや、ハースストーンプレイヤーなら素直にDiabloやれよ(´・ω・`)

と思われるかもしれませんが、気にしてはいけません。

 

選択できる主人公のマスタリー(いわゆるジョブ)は6つ、この中から自由に2つを組み合わせるデュアルクラス制が採用されています。

レベルアップによって得られるスキルポイント(SP)をこのマスタリースキルに注ぎ込んでキャラクターを強くしていくわけですが、スキル総数に比べて獲得できるSPの上限には限りがあるため、習得するスキルを取捨選択していく必要があります。

その他、マスタリー以外に「星座」という育成システムが採用されており、各地に点在する「祈祷の祠」を修復/浄化することによって得られる「祈祷ポイント」をこの星座に注ぎ込むことで、ダメージボーナスや属性体制などを強化できたり、中にはマスタリーによるものを凌ぐほどの威力を持つ攻撃スキルを習得できるものもあったりします。

《参考動画》

youtu.be↑緑のメテオがマスタリーによるスキル、赤いメテオが星座スキルです。極めればこのようなド派手な戦闘が楽しめます。

このマスタリースキルと星座、さらには様々は目を見張る効果を持つレジェンダリークラスの装備品を組み合わせることによる多彩なビルド構築が本作の魅力です。

また、昨今のDiabloライクゲーには珍しくオフラインのシングルプレイヤーを重視した作りになっており、仲間のin時間を気にすることなくプレイし続けることが可能です。

もちろん、マルチプレイにも対応しているので友達と一緒に遊ぶこともできます!(私は一緒に遊ぶ友達がいません)

 

「イセリアル」「クトーン」と言った、ハースストーンプレイヤーにも馴染みのあるキーワードが多いので、世界観にも没入しやすいでしょう。

初回プレイなら最低難易度でも1周クリアに数十時間かかるボリュームでありながら、価格が2480円と非常に安価なのもポイント。steamセールの対象になればさらにお安く。

 

欠点としては、2013年にアーリーアクセス版が公開されたゲームでありながら、未だ完結していない、ということでしょうか。

つまり、これからも新たなるマスタリー・マップ・モンスターの追加、レベルキャップの解放、新規コンテンツの公開が予定されています。や、やばい……。

 

なお、初心者に一番おすすめできるマスタリーはシャーマンです。

こいつは全体的にまとまった高いステータスを持ち、雷による範囲攻撃が得意で、武器攻撃にも高い適正を誇り、高い能力を持つミニオンを召喚でき、回復効果のあるトーテムを設置することによって耐久力にも秀でている、と、ハースストーンプレイヤーなら画面を殴りたくなることうけあいです。

 

 

まとめ

・今月は頑張ります

・↑は先月も先々月も言っていた